POSレジ(ポスレジ)・POSシステム・レジシステム・パソコンレジなら自社開発、柔軟カスタマイズのポスコへ。

POSCO BLOG

スタッフからの最新情報をお届けします!

2016.08.11(ヨシモト

ポスコがご提案する値札について ~バーコード構成編~

こんにちは、営業の吉元です。

8月に入り、いよいよ夏本番です。
暑い日が続きますが体調管理には
気をつけていきましょう!

さて、今回は値札タグや値札シールに印字する
バーコードについてお話をします。

一般的にバーコードといえば、JANコードや
PLU(PriceLookUp)コードのように、
バーコード自体には価格の情報がなく、
バーコードを元にデータベースを照会して
商品情報を読み出すといったものが
使用されています。

要は、バーコードの中身は連番コードのみ
ということです。

もしネットの不調などの理由で最新のマスタが
POSレジに届いていない時は、
その商品の売上はできないことになります。

そこで、ポスコでは、バーコードの中に
“部門と売価のような最低限売上ができる情報”
と“連番コード”の両方をセットし、
マスタに登録がなくても売上だけはできる仕様の
バーコードを採用しています。

もちろん、JANコードとの併用もできますので、
どのような業態でもスムーズに運用をすることが
できます。

ポスコではお客さまの店舗数や商品点数、
運用の流れなど現状を詳しくお伺いした上で、
最適なバーコード構成をご提案しております。
◆ポスコの値札発行(バーコード発行)システム

POSシステムの値札タグ・値札シールについての
ご相談はお気軽に「吉元」までご連絡くださいませ。

お問合せ先はこちら
http://www.posco.co.jp/
株式会社ポスコ
営業部 吉元

 

ページ先頭へ

東京宮崎お問い合わせ