用語集 難しい専門用語を解説します。

システム用語一覧

本サイト内で使われているシステム関連用語の解説です。

arrowPOS

Point Of Sales の略称。商品に付けられたバーコードなどを使って商品を販売するごとに商品の販売情報を記録し、集計結果を在庫管理やマーケティング材料として用いるシステムのこと。
「販売時点管理」などとも訳される。蓄積されたデータを集計分析し、売れ筋や死に筋商品を早く正確に見つけ出したり、いつ、どこのお客様がどんな商品を買ったかなど記録、集計することでサービスや顧客満足度向上に繋げます。迅速な在庫・受発注管理に活用するだけでなく、天候と売り上げの重ね合わせて傾向をつかむ、複数の店舗の販売動向を比較するなど様々なことに活用できます。さらに詳しいPOSの説明はこちら

arrow一覧へ戻る

arrowPOSレジ

Posシステムの一部として、レジ精算時にPOSターミナルで商品に付いたバーコードを読み取り、データ収集と価格計算・レシート発行を同時に行う。

arrow一覧へ戻る

arrowPCレジ

専用のレジスターハードウエアではなく、汎用的なパソコンベースで設計されたレジシステム。
一般的にはソフトウエアと周辺機器の組み合せで構成される。パソコンとして複数の機能を持たせることが可能で、その分費用対効果が高いとされている。

arrow一覧へ戻る

arrowPOSシステム

POSに関わる様々な機能、役割のソフトウェア、ハードウエア、ネットワーク等の集合体。
一般的にPOSシステムは、ストアコントローラーと呼ばれる店舗売上管理コンピュータと、バーコードスキャナが付いたPOS対応レジスタ(POSターミナル)から構成されます。

arrow一覧へ戻る

arrowハンディーPOS

バーコードスキャナにPOS機能が統合された端末。ハンディターミナルとも呼ぶ。

arrow一覧へ戻る

arrowハンディターミナル

バーコードスキャナにPOS機能が統合された端末。ハンディPOSとも呼ぶ。

arrow一覧へ戻る

arrowカスタマイズ

汎用的な仕様のものを、導入現場の環境に合わせて改変、調整すること。

arrow一覧へ戻る

arrowスキャナー

POSシステムにおけるスキャナーとは、バーコードを読み取る装置の事を表します。
ハンディ型をはじめ、様々なタイプのスキャナーが存在します。

arrow一覧へ戻る

arrowマスター

顧客情報や商品情報などをあらかじめ登録すると、売上入力時には商品番号、顧客番号を入力するだけで、登録された情報を呼び出すことが出来ます。これら「顧客情報」や「商品情報」をマスターと呼びます。

arrow一覧へ戻る

arrow商品マスター

事前に登録するマスターデータの中で、商品に関するものを商品マスターと呼びます。

arrow一覧へ戻る

arrowエクスポート

異システムの中に蓄積、加工されたデータを、汎用的な形式に変換して出力すること。 異なったシステムで同じデータを活用したい場合に利用する機能。

arrow一覧へ戻る

arrowインポート

異なるシステムで蓄積、加工されたデータを、汎用的な形式で入力すること。 異なったシステムで同じデータを活用したい場合に利用する機能。

arrow一覧へ戻る

arrowCSV形式

特定のデータ形式を示す名称。各データ間をカンマで区切りをつけた形式。

arrow一覧へ戻る

arrowホスト

システムの中で、サービスを提供する中心的役割のコンピュータを指します。

arrow一覧へ戻る

  • カスタマイズ相談
  • 資料請求お問い合わせ
  • メルマガ会員登録
  • カスタマイズで解決
  • アパレルに強い
  • お悩み解消導入レポート
  • 多彩なシステム連携
  • 製品ラインナップ
  • ショップオーナーへ
  • 用語集
  • 営業マンブログ