POS(ポス)レジ・POS(ポス)システム アパレル向けPOSレジシステムや多業種の販売管理・在庫管理・顧客管理システムを提供。柔軟なカスタマイズでお客様にお応えします。

POSレジのポスコ
お電話でのお問合せ
東京 03-3448-0576
平日・祝日9:00〜18:00/土日を除く 宮崎本社 0985-56-0369
大阪 06-6320-8082
HOME | コンセプト | 保守サービス体制 | プレスリリース | 採用情報 
サービス製品一覧POSとは?POSレジ・POSシステム導入事例よくある質問会社情報
コンセプト

メディア掲載情報

宮崎日日新聞 2007年2月21日

開閉時だけカメラ録画 効果的にレジ金庫監視
防犯新システム開発 宮崎市・ポスコ
新聞記事

 アパレル(衣料)など小売店向けに販売時点情報管理(POS)レジなどを開発・販売するポスコ(宮崎市、資本金1千万円、小泉便社長、11人)は、レジ金庫が開くたびにカメラで映像を記録するシステムを開発した。万引きやレジの不正操作など防犯対策として、既存の取引先や新規顧客に売り込む。

 POSレジにカメラを接続させ、上部から撮影する。手の動きを察知し、金庫が開く四秒前から、閉じて一秒後までの映像を記録する。従来の防犯監視カメラは常時撮影しているが、同社システムは金庫の開閉時だけなので効率的という。画像はレジ画面上でチェック。日時、精算や返品など、金庫開閉の目的が人目で分かる。

 システムは総合衣料品店、マスミヤ赤江店(宮崎市)で1月31日から試験的に導入。1ヶ月程度続け、レジに必要な記録容量などを検証する。データ収集後、本格的に営業を始める考え。既存取引先にはレジ1台当たり、月3千円程度でのレンタルを予定している。

 ポスコは1986年創業。POSレジや棚卸しシステムを開発し、主にアパレル業界向けに販売してきた。POSレジは2つのバーコードを使うのが特徴で、商品のサイズや原価など多くの情報を蓄積できる。

 これまでにマスミヤなど地場の衣料品店チェーンをはじめ、納入先は全国500店舗以上。近年ではアパレル以外の小売店への営業に力を入れ、2006年4月期の売上高は約2億円。今回の防犯システム開発に当たり、防犯設備士の資格を取得した小泉社長は「システムを応用し、新たな商品開発も進めたい」と話している。


ポスコ製品の掲載記事はこちらからご覧になれます。
2007.02.14 防犯監視付きレジについてのリリース及び記事を掲載いただきました

POS(ポス)レジ・POS(ポス)システム アパレル向けPOSレジシステムや多業種の販売管理・在庫管理・顧客管理システムを提供。柔軟なカスタマイズでお客様にお応えします。