POSレジ(ポスレジ)・POSシステム・レジシステム・パソコンレジなら自社開発、柔軟カスタマイズのポスコへ。

POS(POSレジ)とは?

HOME>POS(POSレジ)とは?

集計機能を持った多機能レジ

POSレジを利用したデータ分析で、店舗の在庫の回転を計って売り場を新鮮な商品で埋める

POSとは(Point Of Sale)の略で、直訳すると「販売時点」という意味ですが、
POSシステムやPOSレジを省略してPOSと呼んでいます。

つまり、POSレジとは売上が発生する時点(お客さまが商品をお買い上げになる時点)で、
その買上げ商品の値札に付与されているバーコード情報をスキャナーで(読み取り機)で瞬時に読み取り、
その商品の部門・品名・値段などを画面に表示しシートに印刷し、同時にレジ本体の記憶部(メモリー)に各種情報を記録します。

データを集計分析して店舗の在庫の回転を計り、売上商品を管理

レジ本体に記録されたデータを集計分析し、売れ筋や死に筋商品を早く正確に見つけ出し、
商品を一日でも早く補充し、不良在庫商品を値下げなどで処分し、店舗の在庫の回転を計るのが売上商品管理です。

また、いつどこのお客さまがどんな商品を買っていただいたかなどを記憶させ、集計することにより
お客さまに対するサービスの向上や、売上データを分析して売上の確保や顧客満足度を上げることができます。

POSシステムを活用して、売上の確保や顧客満足度をアップ

大型店または全国チェーン店の出店もあり客数の減少、デフレによる客単価の低下と厳しい情勢が続いている中、
POSシステムの活用により、商品管理と顧客管理を推進し事業の効率化と積極的経営に切り替えていくことが
急務であるといっても過言ではありません。

POS管理(うれっこシステム)の活用法

在庫の適正化

過剰在庫になった商品は、どこの店舗にもあります。
その過剰在庫をいかに早く見極めて在庫を減らすことにより経営資金を効率的に運用することができます。

商品回転率とは?

一定期間に手持ちの在庫が何回転したかという比率をいいます。資金繰り上の指標となります。

交差主義比率とは?

商品回転率と粗利率を掛け合せた指数で、商品の貢献度を把握することができます。
この指数が大きい商品がお店に貢献していると推測できます。

うれっこシステムではこの交差主義比率を記号で表示しています。

過剰在庫を圧縮し、品目毎に売上に応じた仕入をおこなうことで、商品回転率が上がります。
商品回転率が上がることにより交差主義比率も上がります。

また、現在の過剰在庫を見極め、在庫を適正化することにより、
資金を確保し、それを売れ筋商品の仕入に充てることが可能となります。

POSシステムの活用により、業務効率が加速され
在庫の適正化とオペレーションの簡素化を実現します。

ページ先頭へ

東京宮崎お問い合わせ