免税POSレジ 2020年東京オリンピックに向けて 今の機能とこれからの発展

こんにちは、営業の石塩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年の東京オリンピック開催に向け、これから
免税店申請を考えているお客様や免税店からの
問合せが増えています。

弊社は免税売上の管理や免税ソフトと連動可能な
パスポートリーダーの導入、免税書類の印刷の自動化など、
ご導入頂いているユーザーが複数おり、それぞれのユーザー
の販売される商品や運用に合わせて、カスタマイズにて
ご対応しておりますので大変喜ばれております。

 

 

 

 

 

 

現在、外国人観光客が免税店で購入する際、品物を「一般物品」
と「消耗品」の区分に分け、それぞれ5000円以上は免税と
なっている免税対象要件ですが、昨年末政府が、外国人旅行客に
向けた免税制度をさらに拡充させるため、新たに「一般物品」
についても特殊包装を行う等を条件に、「一般物品」と「消耗品」
の合算を認める内容を追加しました。
(今年2018年7月1日から追加適用予定)
【詳細は観光庁ホームページをご覧ください。http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000337.html

この合算が認められる事により、「一般物品」と「消耗品」
の両方の商品を販売しているような、お土産店やドラッグ
ストアではさらに外国人旅行者の『買い増し』が増える
のではないかと期待されております。

また、今後免税販売手続きの電子化も2020年4月1日から
予定されており、弊社としても、使いやすい免税売上が
可能なPOSシステムについてさらに意欲的に取り組んで
いきたいと考えております。

免税店に限らず、カスタマイズやシステムについての
ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

POSレジ・POSシステムのお問合せはこちら

株式会社ポスコ
営業部 石塩

 

This entry was posted in イシジオ, 小売・アパレル・サービス. Bookmark the permalink.

Comments are closed.