POSレジ(ポスレジ)・POSシステム・レジシステム・パソコンレジなら自社開発、柔軟カスタマイズのポスコへ。

POSCO BLOG

スタッフからの最新情報をお届けします!

2020.04.06(その他

セルフレジ・セミセルフレジの必要性?人からコンピュータへと変わりゆく受付・レジという業務

 

ポスコ 技術の斎藤です。

 

昨今、セルフレジ、セミセルフレジが急速に広まって

います。 ほとんどの方が一度はすでに、実際に触れてみたこと、

目にしたことがあると思います。 スーパー、コンビニ、アパレル、

レンタルショップと多くのお店で導入が始まっています。

 

まず、セルフレジは来店客が自ら商品の読み取りから精算まで

行います。それとは違い、セミセルフレジは店員が商品の読み

取りを行い、精算は来店客が自ら行います。セルフレジと違って、

商品の読み取りは慣れた店員が行い、精算処理だけ来店客が行うため、

処理スピードに差がでてきます。

 

精算処理は、私たち日本人は自動販売機、券売機、ATM等の取り扱い

で自然と慣れている方が多いように感じます。私はセルフレジ、

セミセルフレジこそ、最も効率がいいレジの在り方だと考えています。

効率重視の海外企業に比べ、まだまだ効率化への促進が途中の日本では、

これから有人レジよりもセルフレジ、セミセルフレジのほうに目を向け

移行していく必要性を感じます。

 

最近ですとクリニック等の医療機関でも多く見受けられます。近年、

レジ打ちという仕事は大幅な省力化を実現しています。受付という業務は、

人からコンピューターへと変わりゆく時代の最中です。その第一歩として

正確性も向上する自動釣銭機を用いた、セルフレジ、セミセルフレジを

導入されることが多いようです。

 

既に大きな病院等では、完全自動受付を目標に動いているようです。

医療機関では衛生面も重要視されますが、セルフレジであれば現金の

やり取りを患者さんと受付スタッフさまが直接受け渡しすることが無いので、

衛生面においても安心できます。

 

ポスコでもセミセルフレジの開発・提供を行っておりますが、たくさん

のお客さまから好評の声をいただいております。アメリカ・中国においては

日常的になっているような無人レジ、無人受付というシステムが小売業に

おいてもこれからは、当たり前になってくる時代です。そんな時代に合わせた、

あるいは「働き方改革」にも対応し得る自動釣銭機付きセミセルフレジの採用、

または自動釣銭機接続へのアップグレードから検討なさってみてはいかが

でしょうか。

 

 

※この記事は『ポスコ IT Communication』に、2019年11月に掲載したものを

再編集して転載したものです。

 

 

無料 資料請求やお見積りの相談

 

 

※記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です
※レセPOS(R)はポスコの登録商標です

ページ先頭へ

東京宮崎お問い合わせ