POSレジ(ポスレジ)・POSシステム・レジシステム・パソコンレジなら自社開発、柔軟カスタマイズのポスコへ。

POSシステム(POSレジ)とは? 
歴史と動向

HOME>POSシステム(POSレジ)とは?|最新動向

POSとは 集計機能を有する高機能レジシステム

POSシステム(POSレジ)を利用したデータ分析で、店舗在庫の回転を図り、売り場を新鮮に保つ

POSとは、”英語:Point of sale”の略で、直訳すると「販売時点」という意味であり、POS System(POSシステム)を指して
販売時点情報管理といわれています。
「POSシステム」や「POSレジ」を略してPOSと呼ばれることもあります。

POSレジは、すなわち売上が発生する時点(お客さまが商品をお買い上げになる時点)で、買上げ商品の値札に
付与されているバーコード情報をスキャナー(読み取り機)で瞬時に読み取り、その商品の部門・品名・価格などを
画面に表示しレシートに印刷し、同時にレジ本体の記憶部(メモリー)に各種情報を記録するものです。

POSレジの役割と歴史

各業界でもPOSシステムの持つ役割は多岐にわたっています。たとえば、小売業界におけるPOSレジの役割は、
販売時点の精算処理をはじめ、商品、在庫、顧客管理に至るまでの重要な機能を果たすものとなっています。
小売業におけるPOSレジ導入の最大の目的は、在庫を適正化し売上と利益の極大化を図ることにあります。

上述の業界において今や欠かすことのできないPOSレジは、1890年代に米国から輸入されました。

その後、1910年代に百貨店に広く導入されて以来、スーパー、コンビニをはじめ各業界に大きく普及しました。
そしてビジネスにおけるITの重要性が増すとともに日本でも独自の進化を遂げています。

POS業界の最新動向

たとえば日本では現金決済が主流ですけれど、その現金決済を管理する自動釣銭機は、POSシステムの一部として
レジと連携してスーパー、ドラッグストアなどの小売業界に、セミセルフレジ、セルフレジ、電子タグRFIDを利用した
無人レジなどにいたるまで、国内においてすっかりと浸透しました。
今では医院、クリニック等の医療界にまで範囲を拡大しています。病院などのより大きな医療機関においては、
自動釣銭機と並んで自動精算機(支払機)も数多く導入されており、会計窓口の自動化を目指して、時代は動いて
いるようです。

現金決済に加えて、クレジットカードや電子マネーなどキャッシュレス決済への対応が2020年に向けて進んでいます。
キャッシュレス決済は、POSレジとクレジット・電子マネー決済端末等を連動させて、精算時に金額を2度打ちする
ことなく、POSレジから同端末へ取引データを送る仕組みとなっています。

POSシステムを導入しても、時代の流れに沿って同システムは刷新されていきます。たとえばコンビニエンス大手3社は、
「スタッフ負担軽減」「操作の簡素化」をキーワードに、2017年から2019年にかけてハード・ソフトともに進化した
POSシステムを採用しています。

POSが活用される業界・業種

コンビニエンス業界以外にも、さまざまな業種・業界でPOSシステムが普及し、発展しています。
たとえば、ポスコでは次のような業種・業界においてPOSシステムを活用いただいております。

■流通小売業・サービス
・ファッション・アパレル(SPA:アパレル製造小売業含む)
・ホテル・旅館売店
・テーマパーク/観光施設みやげ販売
・スクール・教室運営
・カー・バイク用品販売・修理
・イベント・プロスポーツ等試合会場
・リユースリサイクル販売・買取
■医療業界(病院・クリニック)

POS導入のアドバンテージを高める方法

また近年、ユーザーが使用している現行の基幹システム(管理システム)、言わずと知れたECサイト、医療機関において
ご使用中のあるいはご使用が予定されるレセコン・電子カルテソフト等とポスコのPOSシステムを連動するケースが増えています。
これは、既存の管理システムと実店舗のPOSシステムとを連携することによって、さまざまなメリットがあることがあげられます。
管理システムの統一、データ入力業務・報告書作成業務の省力化、管理コストの削減、顧客へのサービス向上など、
POSシステムと外部システムとの連携によって管理・コスト・顧客サービス面等において、高効率化をはじめ
サービスの向上など多くのベネフィットを享受することができるようになります。平たく言うと、POSシステムを他の
システムと統合することが、より運用を合理化します。
POSは、商業取引を自動的に支援し、ビジネスのデータ分析を支援してより大きな成功へと導くことができるのです。

POSレジのデータを集計分析し、店舗在庫の回転数の向上を図って売上商品を管理

POSレジ本体に記録された販売データを集計分析し、売れ筋商品や死に筋商品を正確に見つけ出す。
そして一日でも早く商品を補充。不良在庫商品は値下げで処分するなど、流通・小売業界において、店舗在庫の回転を
図ることがPOSシステムによる売上商品管理の一つの手法でもあります。

POSシステムを活用して、売上の確保や顧客満足度をアップ

いつ、どこのお客さまがどんな商品を買っていただいたかなどを記憶させ、集計することにより
お客さまに対するサービスの向上を図ることや、販売データを分析して売上の確保や顧客満足度を上げることができます。
大型店や全国チェーン店の出店もあり客数の減少、デフレ等による客単価の低下と厳しい情勢が続いているともいわれる中、
POSシステムの活用により、商品管理と顧客管理を推進し事業の効率化と積極的経営に切り替えていくことが賢明であり、
急務であるといっても過言ではないでしょう。

POSシステムの集計・分析機能の活用法

在庫の適正化

過剰在庫になった商品は、どこの店舗にもあるでしょう。過剰在庫を早く見極めて
その在庫を減らしていくことが重要です。
在庫の適正化によって、コスト削減・業務の効率化が可能となります。

商品回転率とは?

一定期間に手持ちの在庫が何回転したか、その比率を”商品回転率”といいます。
小売業や卸売業において、経営効率を考える上で大切な指標となります。

交差比率とは?

商品回転率と粗利率を掛け合せた指数を”交差比率”といい、この交差比率により商品の貢献度を把握することができます。
この”交差比率”が高いほど、お店にとってより大きく貢献している商品と推測できます。
言い換えると、交差比率を見ていくことで、効率よく儲けさせてくれる商品を見つけることが可能となります。
このような視点でお店の商品を見ていくと、売り場の作り方にも応用できるのではないでしょうか。
たとえば、ポスコの当該POSシステムでは、商品の交差比率の高さに応じて数段階にランク分けされ、
記号で表示されます。

過剰在庫を圧縮し品目ごとに売上に応じた仕入をおこなうことで、商品回転率が
上がってきます。商品回転率が向上することにより、商品のお店への貢献度をあらわす
交差比率も上がることになります。

このようにして現在の余剰在庫を見極め、在庫を適正化することにより資金を確保し、
その資金を売れ筋商品や目新しい商品の仕入に充てることもできるのです。

POSシステムの活用により
在庫の適正化をはじめ、オペレーションの簡素化、
コスト削減、事業の効率化を実現することが可能です。

ページ先頭へ

東京宮崎お問い合わせ