POSレジ(ポスレジ)・POSシステム・レジシステム・パソコンレジなら自社開発、柔軟カスタマイズのポスコへ。

POSCO BLOG

スタッフからの最新情報をお届けします!

2019.07.11(その他

医療マーケティング -どの分野でも注目されるマーケティングというテーマ-

 

こんにちは、藤井です。

医療マーケティングという用語をお聞きになったことはあるでしょうか。専門の研究団体には、このテーマで考察を推進するグループも存在します。

マーケティングというと、だいたい、商業的な意味合いが強くB2Cをメインとして、メーカーから一般消費者へのマーケティング、たとえば、テレビCMでどんなCMを打てば、スーパーやコンビニなどで商品が売れるのか?といったことが主流でありました。

缶コーヒーのCMを打ってはいるが、なかなか売上高の伸長につながらない。

そこで、あるメーカーは一般の人を集めてインタビュー調査を行った。するとそこに、一人の注目すべき意見を見つけた。
「なんか、そのCMは硬い感じがする。」

たった一人ではあるけれど、現行のCMに対するとても率直な意見だったのでしょう。

メーカーは、その一つの感想を真剣に受け止め、内容を一変した。硬い感じとは反対の「柔らかい」感じのするもの。
それが、あの人気女性歌手を起用した、工事現場で飲まれる缶コーヒーのCMとなったというのです。

結果、功を奏した。

これは、およそ18年前、早稲田大学の研究・教育機能を広く社会に開放するための教育機関でのマーケティングにおける講義の中でご教授いただいた内容の一部です。

1990年代からインターネットが日本でも普及し、IT企業群が台頭し始めてから、とくに2000年に入ってからは IT 業界におけるマーケティングもはっきりと必要とされ始めました。

そして、今では国内でも医療業界におけるマーケティングという研究テーマも動き出し、いずれの分野においても、マーケティングという概念、同時にその活動に目が向けられています。

一般的なマーケティングという観点からは、たとえば、POSレジという情報管理ツールを導入するという点において、大きく2つのメリットがあると考えられるのではないか、ということです。

1つは、POSレジを使うことは、ICT(情報通信技術)を活用するのであるから、その分業務の効率性を追求し、事業にスピードを持って展開することや店舗経営することができる、あるいはマーケティングそのものに注力することができる、ということです。

このことは、POSシステムに限らず、ICT 活用全般においていえることでしょう。

もう1つは、これまでも言われてきたことですけれど、アメリカから日本に入ってきたPOSシステム(販売時点情報管理)という概念ですが、「POSレジのデータ集計・分析」をマーケティングに活用するという点にあります。

 

【関連】

集客とレジ ~キャッシュレス化への対応 2020年に向けて~「もう対応はお済みですか?」 | POSCO BLOG

POSシステムとは ?

 

ソフトウェア開発、安心のハードウェア、サポートまでトータルソリューションにて
ご提案
しています。POSレジのこと・入れ替えのご相談もお気軽にお問合せください。

ウェブでのお問い合わせ

弊社のアドバイザーがご回答します。
お気軽にご相談ください。

無料 資料請求やお見積りの相談

お電話でのお問い合わせ

東京 03-3448-0576 大阪 06-6105-1973 宮崎 0985-56-0369

平日・祝日 9:00~18:00 土日を除く


※記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です
※レセPOS(R)はポスコの登録商標です

ページ先頭へ

東京宮崎お問い合わせ