POSレジ(ポスレジ)・POSシステム・レジシステム・パソコンレジなら自社開発、柔軟カスタマイズのポスコへ。

POSCO BLOG

スタッフからの最新情報をお届けします!

2020.04.20(その他

キャッシュレス決済と最新動向 決済の種類と普及が進む決済とは

 

みなさんは、キャッシュレス決済を使っていますか?
ポスコ 技術の赤瀬です。

キャッシュレス決済を大きく分類すると、「クレジットカード」
「デビットカード」「電子マネー」「スマホ決済」
「POSAカード」という種類になります。

今回はキャッシュレス決済の中でも、最近普及が進んでいる
「スマホ決済」についてお話したいと思います。スマホ決済は、
さらに大きく2つに分類されます。NFC(近距離無線通信)
方式の「おサイフケータイ」や「モバイルSuica」と
QRコード決済の「PayPay」「楽天ペイ」
「LINE Pay 」などです。

今やスマホで支払いできる事が当たり前になっています。
また2020年に向けて日本政府がキャッシュレス化を
推進してきた働きもあり、スマホ決済に注目が集まっ
ています。現金で決済すると、「カバンから財布を取り出し、
必要な現金を渡す。お釣りを受け取り財布に戻し、
財布をカバンにしまう」となります。

スマホ決済にすれば、この一連のやり取りを全て飛ばして、
スマホを専用の端末にかざす、またはQRコードを読み取る
だけで、たった数秒で決済が完了するのです。
とにかく早いのが魅力です。

 私個人も、KDDI社が提供する「au PAY」を
使用していますが、使用前は躊躇しておりました。現金での
支払いの方が情緒があるとも思っていました。しかし、いざ
使ってみると、便利すぎて、もう現金支払いに戻れないほど
ですし、ポイントも貯まってお得です。

コンビニ等でスマホ決済を利用する際、個人認証をしないと
支払いが完了しないのですが、私個人が使うiPhoneの
「Face ID(顔認証)」も伴って、支払いの時間というのは、
本当に早いのであります。

これほど便利な世の中になったかとまさに実感しております。
ポスコでも、スマホ決済について多くのお問い合わせを
いただいており、現在スマホ決済端末連動について開発
提供中です。詳細はお問合せいただければと思います。 

 

POSCO POSレジ スマホ決済 QRコード

 

話は逸れますが、スマホ決済に利用されるQRコードは、
日本の自動車産業部品メーカーであるデンソー社が開発
したもので、日本が誇れる発明品の1つです。
ちょうど5ヶ月程前、リチウムイオン電池で、
ノーベル化学賞を受賞したのも日本人でした。
POSCOの開発部も日々精進していく所存です。

 

最後に

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大で
スーパーなどの店内密集を避けるための入場制限
が検討されています。今後、決済時間の短縮を図る
ためにキャッシュレス化が一段と促進されることが
見込まれています。

すでに海外では、COVID-19対策のためクレジット
カード決済のみが受け付けられている国もある
といいます。

 

POSレジ 働き方改革 セミセルフレジ 

 

海外のCOVID-19感染拡大防止策の一つであるキャッシュ
レス決済対応の一方で、いま国内ではスーパー、ホーム
センター、コンビニ等の店頭レジにおいて相次いで、
新型コロナウイルスの飛沫感染を防ぐためのアクリル
板や透明のカーテンがレジに設置されています。

これ以外の業界でも、接触機会が増える受付・レジ周り
において、スタッフさまが現金に触れないセミセルフ
レジやセルフレジに対応する等、衛生強化やスタッフ
さまの負担軽減等を考慮した対策も、今後、一層
進められるのではないでしょうか。

 

新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束と、
皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

※この記事は『ポスコ IT Communication』に、2019年12月に掲載したものを
再編集して転載したものです

 

無料 資料請求やお見積りの相談

 

 

※記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です
※レセPOS(R)はポスコの登録商標です

ページ先頭へ

東京宮崎お問い合わせ